近距離の引越しをスムーズに行うために準備しておきたい事

近距離 引越し

近距離であっても引越し作業は本当に大変です。油断しているとあっという間に作業日を迎えて慌てる事になってしまいますから、計画的に荷造りをして不要なものの処分をするなどしていかなくてはいけません。何をしておけばいいのか、近くだからと安心せずにやることを書いたチェックリストを作って一つずつクリアしていくといいでしょう。退去をスムーズにできるように連絡をしたり、新居に入居する際に荷物の搬入を一部でも先にしておくとか、ガスの回線等の立会いを上手く調整しておくと慌てることなく移動後もスムーズに生活をしていく事が出来ます。自分で作業ができること、業者に依頼した方が早く楽な部分は見積もりの時に相談しておくようにすれば、当日までの準備も楽になります。

近場で料金を安くしたいときの工夫

近距離の場合でも引越しにはそれなりの料金がかかります。少しでも安くしようと思って見積もりを取ってみても思ったような数字が出ない事もあります。そんな時には、荷物がどれぐらいあるのか全体を見て、量が少ないのであればレンタカーを使って作業をするのもよい節約になります。軽トラなどを借りて荷物を自分たちで運び、搬入します。レンタカーの料金だけになりますが、家族や友人に手伝いをしてもらう時には食事やお礼などの準備もしておいた方がいいので、トータルでどちらがいいのか費用を出しておくとよいでしょう。各業者でも近距離向け、少量の荷物で利用できるようなプランを用意してくれている場合もありますので、条件を確認して見積もりを出してもらう事でもかなり安く引っ越せます。

近くだからこそ快適に引っ越そう

引っ越す場所が近くだと、いつでも作業できるからと安心してしまいがちです。平均的な料金も3~4万円程度となりますが、引越し時期が繁忙期にかかると1~2万円ほどは上乗せされて高くなる事もあります。単身や家族プラン、学生やシニア向けなど様々なライフスタイルに合わせて引っ越せるように業者側でも用意してくれているプランはかなり増えてきています。自力での作業が難しいと思うのであれば、無理せずに業者にお任せしてやってもらえる部分はお願いしておくと、体力的にも時間的にも余裕ができますので、他の役所の手続きなどもやりやすくなります。近いからこそ、早めに荷造りや移動の計画をしっかりと立てておいて、退去や引越しに向けて少しずつ準備しておく事で快適に新生活を始める事ができます。