業者に依頼せずに近距離の引越しを簡単に行う方法を伝授します

近距離 引越し

引越しをするとき、必ずしも業者に依頼をしなければならないわけではありません。自分で荷物を運べるのなら、それが一番コストも安くつきます。タンスや冷蔵庫などは一人では運ぶことが難しいので、家族や友達に手伝ってもらう必要があるでしょう。一般的な乗用車では大きな荷物を運ぶことができないので、レンタカーのお店で軽トラックなどを借りる必要があるかもしれません。レンタカーを借りると、基本的には借りたお店で返却の手続きをする必要がありますが、近距離ならばそれほどの手間ではないはずです。レンタカーのお店によっては、借りた店舗とは別の店舗で返却ができることもあります。自分で引越しをするときには、部屋の壁などに傷をつけないように気をつけておきましょう。傷がついて原状回復のためのコストがかかったら業者に依頼をしておいたほうが安くついたということになります。

業者に依頼をしたケースとコストなどを比較する

近距離の引越しなら、業者に依頼をしてもそれほどのコストはかかりません。荷物が少ない単身引越しなら3万円~4万円程度ですむでしょう。中小規模の業者に依頼をすれば、1万円~2万円くらいの格安料金にできることもあります。それならばレンタカーを借りて自分で荷物を運ぶよりもメリットがあると感じるかもしれません。自分で荷物を運ぶ場合にはレンタカー代がかかるだけでなく、時間と手間もかかります。重いものを持って腰を痛めてしまうリスク、部屋の壁に傷をつけてしまうリスクなども存在しています。業者に依頼をするとお金はかかりますが、逆に言えばお金以外のリスクは基本的には存在しません。両方のケースについてコストを比較してみて、トータルのメリットとデメリットを考えてみましょう。

荷物はできるだけ少なくしておく

マイカーで移動をするならば、近距離でも遠距離でも手間は同じです。マイカーに荷物を積んで、新しい住所に移動をすればよいだけとなります。荷物が一度で運べない量となる場合には、遠距離の場合には現実的な方法ではなくなりますが、近距離ならば往復をすることも可能でしょう。しかし、どちらのケースでも荷物はできるだけ少なくしておくにこしたことはありません。冷蔵庫などを新しい住所に持っていったものの、古さが目立つのでやっぱり新しいものに買い換えたという話はよく耳にします。新しいものばかりの部屋に古いものが1つぽつんとあると、目立ってしまいます。どちらにしても不用品回収のコストがかかるならば、前もって処分しておいたほうが運ぶための手間とコストを節約することができます。